【芝生じゃないですよ♪】

全国のフレンドの皆さま、超おはようございます!
農内変換・愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。

田植えも残すところ、田植え祭り用に開けている田んぼだけになりましたーー!!

以前も言いましたが、僕の田植えは遅い!!(笑)

というか、遅かろうがまったく焦らない。

今まで田植えを焦ってやることで、イイ事は何も無かった。

なので、田んぼに放す時期は早かろうが少々遅かろうが、稲にとっては何も変わらない。

むしろ、この辺りでは6月の半ばまで田に放せば、問題ない事がわかりました。

なので、この辺の農家さんより、3週間も田植えの時期が違う(笑)

それでも全く気にしない。

しかも、寒い日や風の強い日は田植えしません!

だって、寒いでしょ。

僕も寒いし、こまちゃんも(カミサン)も寒いし。

だとしたら、

「稲も寒いでしょ」

ッて事です。

毎日のようにいい天気が続き、むしろ暑い日が多いのに、わざわざ僕達の都合でそんな強風で寒い日に稲を放つことないですよ。

そんな感じでいつも稲と向き合っているんですよね。

これは畑でも一緒です。

僕は田んぼ以外でも畑もやっていますからね。
畑の仕事もヤンヤンとあるのです。

さらに、僕の田植えは代掻きの回数が多いと書きました。

その理由は、

一つ、土を洗うこと。

これは文字通り、土を洗っているのです。

代掻きして、水を張って、そして抜く。で!また水を入れる。

これを何回か繰り返します。

もちろん、土に残っている余分な物を、洗い流すためです。

肥料や農薬成分ですね。

もう一つは、除草です。

僕は田植え直前にもう一度代掻きします。

田んぼに生えてくる一番草(一番最初に生えてくる草たち)を完全に沈め埋め込む為です。

画像をご覧ください。

僕の田んぼは、田植え前、まるでサッカー場か!と突っ込みが入るぐらいの美しいみどりに一面が覆われます(笑)

これ、ヒエとこなぎが98%です。

画像の左側。
みどりの部分がヒエが一面に生えている状態。

右側が、代掻きが終わった状態。

面白いぐらい生えるんですよ♪

でもこれが本来の田んぼの姿ですよね。

除草剤が入ったら、ここまで一面のヒエにはお目にかかれません(笑)

そしてまた、このヒエのみどりが美しいんですよ。

若草色と言う奴ですね♪

まさにグリーンカーペット。

そこを代掻きして、まるでカンナをかけるがごとく、田んぼの表面を磨くように鏡面仕上げ代掻きするのが、また職人魂に火が付く瞬間でもあります♪

この様に、いろいろと考えながら、手間と時間をかけて、田作りをする事が、自然栽培には絶対的に必要だと僕は思います。

不耕起栽培とか、無代掻き栽培と言うのもありますが、今のところ僕はこのやり方でまずは極めていきたいと考えています。

それはなぜか?

栽培であり、プロの百姓仲間を増やしたいからです。

そして、1年生からでもちゃんと収量が確保でき、経営が出来る技術確立を極め、それを新たに自然栽培に挑戦しようとする志がある仲間に伝えていきたいからです。

それをまずは僕がやればいいんですよ。

だからこんなにも百姓が愉しいわけです。

自分の為だけでもいいのですが、それじゃ「ソコソコ楽しい百姓」でしょ♪

本気で百姓愉しむならば、自分の為が誰かの為の意識が無ければ「愉しい百姓」とは言えません。

僕は、当然「本気で愉しむ百姓」ですから♪

皆様、僕は同業者を増やしたいんだ!!の素敵な一日を!

【Fan土 earth JAPANメンバーになって応援する!】
http://shop.fando-earth.com/?p=444
☆★中川吉右衛門愛の作物販売☆★
http://kichiemon14th.net/fan/?cat=6
【中川吉右衛門天然農法フリーメルマガ登録】
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UbrnbGA
【Fan土 earth JAPAN農と食を盛大に繁盛させる仲間募集!】
http://fando-earth.com/?page_id=1639