★死と生★シリーズ

先日長野で山狩りに参加した際に仕留めた猪。

90キロを超える大物だった。

仕留めて、山から引きずり降ろし、すぐさま内臓の処理をする。

これも愛である。

すぐに肉がまずくなってしまうからだ。

慣れた手つきで黙々とそれを行う山の人々に見惚れてしまう。

ここから、何十人まえもの、猪肉になる。

僕はそれを見ながら、

「死んでまた生きる」

と言う、生と死はどちらも同じことなのだと痛感した。

だから、生にも、死にも執着することは、あまりにも意味がない。

だから、、

人生は「愉しむ」しかないん
だぜ♫

ciao♫