★さらに贅沢になって再登場!LuxuryなTHE ARARE ★

こんにちは。天然農夫中川吉右衛門です。

本日はとっても贅沢な、Luxuryな一品と逸品のご紹介です。
 
「贅沢はいやだ」
「luxuryなんて自分の人生に関係ない」

と思う方は、この先を読む必要はありません。

どうぞ別の投稿をお読みください。時間の無駄です。

 
自分の人生に『Luxury』を、少しでも取り入れて行きたいと思う方だけ、この先をお読みになってください。
 
  
『Luxuryなアラレをいますぐ注文する方はこちらからお願いします↓』
http://kichiemon14th.net/fan/?p=666

 

luxuryとは、日本語に訳すと「贅沢」となっておりますが、
日本人が考える贅沢とかluxuryというのが、僕はちょっと違うと感じます。

贅沢と言うと、安易に高級ブランドや高級レストランや、高級なお酒や、衣装や、車などをイメージしがちですが、全くもってナンセンスです。

ラグジュアリーとは、決してそれだけではありません。

 
田んぼや畑にもluxuryはあります。

田んぼのluxuryは何でしょう。

考えてみたことがありますか?

きっと「ない」と思います。

田んぼや畑にluxuryなんてない。

と、普通に思っているからです。
 

でも、あるんですよ。

無数に。無限に。

今回のアラレはそういう感覚と感性から見た

「Luxury」です。

 
まず、使っている素材がluxuryです。

もち米 中川吉右衛門ヒメノモチ玄米100%
 
塩 天然天日塩 100%

そして今回なんと!!

アサクラオイルで有名な、アサクラが扱う至高のオリーブオイル

「オルチョ・サンニータ」を使い、

「オルチョ塩味」

が完成♫

いかがでしょう。

贅沢〜〜♫

と思いませんか。

そして、何よりのluxuryは、、

このアラレを食べるときの、貴方の心だと僕は思います。

 
このアラレ。

高いです。

値段が。

値段が高い理由は、上記に書いた通り,
素材と製造方法に糸目をつけていないからです。

 
原価自体が高い。

こうして、僕らが作る商品はコストがかかるんです。

大量に作っていませんし、作れません。

ですので、普段から常食してもらうには、今のところ物理的に無理です。
 
 
なので、普段は大手企業の作るアラレを食べればいいと思います。
  

ですが、味や素材を厳選したいと言う心意気を持った、一個人や小さな会社の作るアラレ。

値段は高いですが、間違いのないもの。
 

これを食べるときの貴方の心。

これに向き合う時の貴方の心。

これを誰かにあげる時の貴方の心。

 
凛として、ピンとして、真剣で、かつ愉しみで仕方なくて。
 

せっかくのアラレだから、一緒に飲むお茶もちょっといいやつ煎れてみよう♫

とか、

あ!そうだ。じゃあ、あの茶碗と急須使ってみよう♫

とか、

あの小鉢にこのアラレ入れて、この急須で、このお茶碗で♫

あれ?

だとすると・・・

テーブルがちょっと汚いな。

テーブルの上、もうちょっと片付けよう。

と言って、ものを片付けたり、テーブルを吹いてみたりして。

 
これを一緒に食べるなら、あぁ、やっぱりあの人とね♫

と、愛する人や気の置けない友人や、仲間や、子供達。

それを想って、あれこれ準備したりする。

 

これですよ。

これぞ、luxuryでしょう。

 
たかが「アラレ」を食べるだけですが、luxuryなアラレとそれがないアラレでは、ここまで違うと僕は思います。

 
ぜひ。

貴方の愛する人とともに、luxuryなおやつを愉しむ時間を創ってください。
 
 
皆様のご注文、お待ちしております。

====THE ARARE 〜竜×吉×アサクラ〜====

●THE ARARE soy source 5pack set 2800

●THE ARARE ORCIO SALT 5pack set 2800

▼ご注文はこちらのHPからお願いいたします♫▼
http://kichiemon14th.net/fan/?p=666

 
※数量限定の販売です。
ご注文はお早めにお願いいたします。
数量に達しましたら、お知らせもなく販売は終了させていただきますことご了承ください。