【 進化させている人 】
全国のフレンドの皆様、超おはようございます。
愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。
「万物流転」
全てのものは変わり続ける。
これは真理です。
その中に、
「進化」
も、もちろん含まれる。
そしてその進化には、
『進化する』
と、
『進化させている』
の、2つがあると僕は思います。
昨日、三島の母である、福田房仙先生が人生をかけて取り組んでいる、
『第六回全国いのちの食育書道展』
に、行きました。
これは、一参加者としてではなく、超絶房仙先生を応援している応援者として。

三島の母 房仙先生と♫

 

僕はこの食育書道展が立ち上がったばかりの、第2回からこの食育書道展に参加し、食育書道展の歴史をリアルに体験、体感してきました。
房仙先生とのご縁も、この食育書道展がきっかけです。

  

 

その歩んできた道のりを見てきたからこそ、断言できます。
この人(房仙先生)は、間違いなく
『書』
というものを『進化』させている人です。

  

 

そんな大げさな!
と、思うかもしれませんが、一度でもこの食育書道展を見にきたり、参加したりした人は、僕の言わんとしていることがわかるのではないか、と思います。
  

きっと、
「こんな書の展覧会見たことない!」
と、思うはずです。
 

何が一番それを感じさせるのか?
といえば、それはまさに、
『多様性』
そして、書の本質と真髄をど真ん中に据えてこその
『本当の自由』
を見事に体現している、展覧会と、セレモニー。
 

ここまで、真剣に書で遊んでいる人はいないでしょう。
誤解を恐れずに言いますと、書も、とどのつまり『遊び』です。
 

そして、出来上がった作品は、常に斬新で、同じものは1つもなく、底抜けに自由で、その人の生き方が現れるもの。
だから、光輝くいのちある一枚になる。
だからこそ。
書の基本、本質、技術、は、きっちりと、間違いなく身に付けていなくてはならない。

  

 

ここは、絶対に外せない。
「ならない」のです。
 

だから、ここまで真剣に書で遊べるのです。
書道界がどういうところなのか?
僕は実際に知るわけではありませんが、お堅いところであり、伝統文化特有の小難しい厳格さがあるところなんだろうなぁとは、想像がつきます。

 

 

護るべきところは護る。
そのためには必要なことなのでしょうが、護るべきところを護る為に、今までの常識や、風習、やり方の目に見えない壁のようなものを、突き抜けていくことは、間違いなく必要です。
なぜならば、
「万物流転」
なのですから。

 
変わり続けるのがこの世の真理なのだから。
 そして、突き抜けていくのは、この場合、 
『書』
自体が勝手に突き抜けていくことはない。
それに真剣に向き合っている「人」が突き抜けていくからこそ、書が変わる。
書道が変わる。
 

それを50年後、100年後の未来から見たら、
「書道界を変えた人」
として、語り継がれているかもしれない。
そうなるならば、その人は、
「書道を進化させた人」
になると僕は思う。
それが、僕の三島の母。
『福田房仙』
だと、僕は思います。
   

それを、今回の食育書道展を見て、確信しました。
沢山の人が、房仙先生の引力に引き込まれ、巻き込まれ、振り回され、どんどん変わり続ける書道展。
 

この先、もっともっとこの大きな渦は、広がっていくでしょう。
 

その「多様性」と『本当の自由』は、まさに大自然の大いなる循環の、それと同じです。
だから、変わり続け、広がっていく。
 

ほとんどの人が、房仙先生のやっていること、見ていること。
それがどれだけとんでもないことか?
が、わかっていないと思います。
  

でも、そんなことはいいんです。
わかってもらおうと思ってやっているわけではないから。
 

とにかく、福田房仙という人は、
「書を進化される人」
であることは間違いないありません。
だから僕は、先生が好きなのです。
だから信じているんです。
ずっと応援し続けます。

 

  

だって、僕は、
農を進化させる
と、自分の人生にコミットしているのですから。
 

だから僕は、房仙先生を応援し続け、その生き様を間近で見ながら、これからも学び続け、そしてそれを成し遂げます。
  

当たり前です。
こんなに身近に最高の師匠がいるならば、それを正解にしない生き方なんて僕にはもったいなくてできません。
  

だから、皆様。
愉しい世界を見たいなら、
房仙先生と僕をますます応援してください。
一緒にその世界を見に行きましょう。
房仙先生!
すでに、今から50年後が愉しみでしょうがないです!
ありがとうございます!
ciao♫
皆様、誰かを応援する人生って、最高に愉しいだろ?

  

  

※画像は房仙先生の引力に引き込まれた、僕の地元の仲間達と♫

最高だね♫

山形の仲間たちも!引力に引き寄せられてきた♫

 ============================
●全国いのちの食育書道展


全国いのちの食育書道展 is at 房仙会.

火曜日, 16 10月 2018 7:04 am

 おはようございます。福田房仙です。
三島も少し寒くなり、秋がやってきたと言う感じです。
今朝の富士山もキレイとまでは行きませんが、冠雪も見え美しいです。

 皆さまもいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 先日の私の動画も多くの方が見てくださってありがとうございます。
みんなの応援の想いは頂戴しました。
小さな力ですが。これからも精一杯、やれる事はやって行きます。今後は房仙会、食養道学院を通じてご縁のある方と繋がっていきたいと願っています。

現在は
【房仙会にて】 書を通じて生き方を考え、行動を考動に変え、前向きに自分の生き方を考えながら書道を続ける人と一緒に歩んでいます。
フェイスブック上で #浜田えみな さんを検索ください。

浜田 えみなさん
https://www.facebook.com/emina.hamada

彼女に頼んだわけでもないのですが。実によく房仙会のことを書いてくれています。これを読んだら、まるで私が依頼して書いてもらったみたいになっていると私でもそう思っちゃいそうです。

【食養道学院にて】
食の大切さを伝えています。
学院長の福田光孝(夫)が誠心誠意、自分の最後の仕事だと言って、丁寧に伝えています。

14日、日曜にも東京池袋にて、食養を学ぶ第一歩の講座
食養アドバイザー講座を行いました。
参考までにその日のことを書いてくださいましたのでご覧ください。

深野晶子 さん
http://ur0.biz/MAfZ

深野弘之さん
http://ur0.biz/MAfX

書道を教える時は房仙が主になり
食養を教える時は房仙は従となり
夫婦で行える喜びにありがたく感謝しながら、
「あと何年一緒に動けるかな?」と夫婦で動いているのが今です。

私は小3の時にリウマチを患い、心臓弁膜症という治らない病を
与えられた時から、せめて60歳までは生きていたいと願って生きてきました。
来年70歳。もう余生です。
余生を【全国いのちの食育書道展】にかけようと決意し、無理を重ねて7回までやってきました。

心も身体も健康が第一。

3年前、主人は脳梗塞で倒れました。
その時救ってくれたのは、息子でした。 
#心音道 という漢方を取り扱っているお店の店長です。
その息子のお蔭で、入院もせず、後遺症も残らず、元氣で動かせていただいています。

私も心臓病は良くならないといいますが。
奇跡のように元氣で生きているのです。

娘は #みちこデンタルクリニック で院長として活躍しています。

家族揃って利他の心で生きています。

昨年まで、どうして食育書道展やってきたのか?
分からないぐらい、今毎日が充実しています。

生き方は上手ではありませんが。
これからも正直に生きていきます。

Facebook投稿は房仙会は房仙会の人にだけ理解できたらいいなと
絞った投稿になっています。
それでも関係ない人にも応援いただき、心から感謝しています。

これからも、皆さまにしっていただきたい投稿はこちらにさせていただきます…

最後までお読みいただきありがとうございます。

また書きます。

#全国いのちの食育書道展 #房仙会 #食養道学院
#心音道 #浜田えみな #深野弘之 #深野晶子


24 8


木曜日, 27 9月 2018 12:09 pm

こんにちは。
やめます!と話した理由はこんなことも関わっています。
分かる人には分かっていただいていることを感謝です。

牛丸和人先生から2018年2月11日にいただいたコメントをお読みください。
この通りです。

『私も佐賀県の学童美術展の審査では、審査員の一人として、いろんなしがらみや、やっかみの中で作品選びをしていました。
元来、生徒の作品に優劣を大人がつけることに無理がある中、苦渋の選択だったことを思い出します。
ましては、書道塾の生徒さんたちが出品されるのであれば、それぞれのお師匠さんたちの横槍は半端ないでしょうね。
心中お察し申し上げます。
今回、牛津高校からも部長も含め出品しています。
審査員の皆様のお眼鏡にかかるか否かは、時の運だよ、と本人たちには伝えております。
頑張ってくださいね、先生!
ステージが高い人ほど、妬みや嫉みの的(まと)になるのは、万国共通ですけん。
あと、先生、他人のためにばかり生きないで、自分の芸術活動のためにも生きてくださいね。
あんまり滅私奉公し過ぎると、パラサイト人間にエネルギー吸いとられますけん。
お互いに気をつけまっしょい。』

12 2 1

  

●中川吉右衛門のお米

HOME


●農FUTURE!#8 種は万人のもの 〜種と在来作物は俺たちが護る!〜

http://peatix.com/event/247966

胎内記憶の第一人者!先生と♫

房仙先生の愛弟子、あやかちゃん♫ 大人になって、めっちゃ可愛くなってる!!

食育書道展名物 お弁当♫

房仙先生の書体をどら焼きにしてくれた、三島の和菓子屋さん!食べられない!笑