★待ちに待った青モノ★シリーズ

こんにちは。
天然農夫、中川吉右衛門です。

今日は、啓蟄。

冬の間寝ている虫や生き物たちも、春の暖かを感じ、うごめいてくる。
表に出てくるという。

ここ高畠も、徐々に雪が溶けてきて、地面が顔を出している場所もちらほらと。。。

そんな雪解けを見ていると、

おお!?

んん!!??

出てる!
出てるやないか!!

ふきのとう!!!

おおおおお!!こりゃたまるか!!

春一番に食べられる最高の青モノは、この「ふきのとう」を置いて他にないでしょう!

雪国に生きる人にとっては、待ちに待った青モノです。

しかも、ホント雪が溶けてすぐのこのふきのとう。

変なえぐみもなく、柔らかく、とにかくうますぎる!

冬の間、身体に溜まった不要物を
排出するための、新陳代謝を活発にする作用、腎臓の働きを活発にする植物性アルカノイドも豊富に含む、まさに、冬から春にかけて食べる、最高の山菜。

これぞ、そこに生きる生き物すべてがそこの風土と共に生きている、
「共通の生理」
であり、いわゆる、旬を食べるというとことです。

身体が欲しているんですよ。

本能で欲しがっているのです。

まずいわけがないですね♫

ということ

「春の使者」

ふきのとう。

こりゃたまるか!

ciao♫