【 愛のジビエを生み出す人たち 】
全国のフレンドの皆様、超おはようございます。

愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。
「鴨肉あれば送ってください!」
と、メッセージしたら鴨肉だけが送られてきますよね。

普通。
でも、
「最もおいしい状態でお届けします!」
と、返信が来た。
「ん???お届け?って?」
僕がメッセージしている相手は、長野県に住む方。
あぁ、発送するってことだよな♪
と、思っていたら、、、、、

「おはようございまーーす!」
と、本人が鴨を2匹持って、リアルに我が家にやってキタ♪
ナンダッテーーーーーー!!!

しかも、まるまんま!

鴨まるまんま!!
毛も何もかもそのまんまで、マガモとカルガモの2匹持って、長野からあの吹雪の中やってきましたよ!
彼女の名前は向井 美菜さん。
1年半ほど前、猟師になった鉄砲打ち。
2年前の長野でのトークライブで、初めてお会いしたその時から、彼女の持つ独特な雰囲気と魅力。
何て言ったらいいのでしょうか。
椎名林檎と綺麗でカッコイイヤンキーねーさんを混ぜたような笑
褒めてますからね笑
それにとても惹かれました。
とにかく、不思議な魅力と華があるんですよね。

そんな彼女が、ちょいちょいFBで、投稿している記事を見ると、

これまた面白い。
『ハクビシン・ハクビシン・たぬき・ハクビシン』
とかね笑
それしか書いてない笑
そんな彼女が獲ったり捌いたりしているジビエ。
食べてみたいじゃないですか。
なので、注文してみたのです。
はじめは鹿肉。

次は猪肉。
これね。
どちらも今まで食べたジビエの中で一番うまかった!

こうした獣肉がうまいってことは、本当に
「ちゃんとしてる」
ってことです。

要するに
「生命に対する尊厳と愛」
が、きちんとある。
もう、愛がないとビジエはすぐに不味くなるんですよね。
獲った後の処理の問題ですから。

それで感激した僕は、鴨が食べたいな〜
と思い、聞いてみたところ、
「ありますよ!」
で、今回わざわざ長野からまるまんまの鴨を持ってきてくれたというわけです。
しかも熟成が進み、最も食べごろになったやつを。

僕は今まで捌いたこともないので、その解体方法を教わりながら、人生初の鴨解体をして、その夜は、彼女とその子供達と、僕の仲間数人とで、鴨鍋パーティーナイトになったのは言うまでもありません。
美味しかったなぁぁあああ!!
何がうまいって、やっぱり油とスープ!!
もちろん肉もうまいですが、なんといってもこれにつきる。
天然農法っていうなら、肉も天然ってのがいいじゃないですか。

獣肉は、僕たちのような地域・風土。
海の無いところで生まれ、暮らしてきた人たちの風土食であり、それが生き様と直結しているのです。
生きるために食べる生きものなのです。

そして!

「旬」
がある。
それは冬です。
まさに今の時期。
先人の山の暮らしとは、新鮮な魚介類なんて食べられ無い。
雪国なら新鮮な青菜もほとんどない。

あるのは保存食の乾物、漬物ぐらいです。

そんな中、冬に野山を走り回る小動物を、山に入って狩りをして、獲って食べる。
貴重なタンパク源であり、ミネラル、ビタミンその他様々な栄養源。
それが、このジビエです。
だから、僕の本能が、ビジエが食べたい!

となるんですよね。きっと。

そなわけで、彼女の提供している肉。

それも愛情ベースのビジエたち。
送られてきた時は、その肉の美しさにしばし見惚れるほどです。
こんな仲間がいて、めっちゃ嬉しいし、僕の冬のジビエ確保は完璧なのです。

そして、肉を食べれば「愛」がわかりますが、

その愛がどこから伝わるのか?
といえば、彼女の思考ですね。
彼女は、獲った獣たちの生命は余すことなく食べる、使い切ることを実践しているんです。

肉はもちろんですが、骨。皮。に至るまで。
それが、彼女の「生命に対する敬意」だから。
骨はアクセサリーにしたり、ペイントしてオブジェにしたり。
皮も剥いでなめして毛皮に。

肉だって、自分が立ち会って獲ったやつなら、すべて裁き冷凍し、

今もめちゃくちゃ大きな冷凍庫にたくさんの肉があるそうです。
冷蔵庫がパンパンになってもなお!
捨てない。
捨てない!
食べる。使う。なんとかする!
と。
この
「想い」
を、愛と呼ばずしてなんというのですか。
だから、僕は彼女を応援するし、彼女が大好きです。
動物を獲って食べる。
残酷だとか、なんとかいう人もいますが、それはリアルを知らなすぎです。
彼女たちの生きている世界。

見えている景色。
自分と一緒の世界や景色を見ていると思わないでくださいね。

僕は、彼女や鷹匠に出会って、お話を聞き、本当の動物愛を知りましたし、感じました。

彼女たちのしていることは間違いなく「愛」であり、

そして、
命を奪いながら、自然に生かされ、そして自然を生かしているのです。
ここがわかると、あなたの人生が超絶愉しくなりますから。
ですので、愛情ベースの、真にうまいジビエが欲しいなら。
彼女から買ってください。
そしてリアルな応援につなげてください。
購入方法は、コメント欄に書きます♫

ちゃお♫
皆様、生命は常に輝き続けている。それをただ奪うだけなのか?

その輝きをさらに多くの人に分け与えられるのか?

その差は「愛」しかない!の素敵な1日を!