【 除草の心得 】

全国のフレンドの皆さま、超おはようございます!
農内変換・愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。

梅雨に入った山形おきたま。

梅雨の合間の晴れの日は、ものすごい美しい天気に恵まれます。

そんななか、除草作業の真っ最中!

この時期になると、除草機にプラスして、めっちゃくちゃ草に効く、僕が開発した除草の特効薬をつかいます!

その名も、「テデトルべーHK®」です!

主に、除草機の爪が通らない、稲と稲の間の株間に、抜群の効果を発揮します!

田んぼに自ら入り、腰を曲げ、ひたすら株間をかき混ぜるように、まだ生えはじめの草を取り除き、そして土の中に埋めるという。

稲作文化が始まった古来より伝わる、除草の特効薬!

もう一度言います。

その名も

「テデトルベーHK®」です!!

めっちゃ高いですが、除草効果は抜群です。

欲しい人は、メッセージください。

↑※冗談ですからね!

まぁ、冗談はこれぐらいにして、今は、除草機と手取り除草を組み合わせてやっているわけです。

今の時期の手取り除草はとても気持ちが良いです。

まだ、草も小さいですのですぐ抜けますし、進むスピードが速い。

やった後はきれいになるので、それまた気持ちが良い。

今年は、除草がかなりいい感じです。

このある程度の成功には、やっぱり要因があるわけで、それはいったい何なのか?

全ての要素が絡み合って今に至るので、全てが重要なのですが、僕が今年の除草の状態から学ぶなかで、とりわけ今年はこれが決め手だった!というのは、なにか。

それは「決断」でした。

決断とは、決めて断つ!ということ。

何を決めて何を断ったのか。

それは、補植と、除草機で無くなってしまった稲を気にしない!と言う2つでした。

除草は何と言っても初期が大事です。

その初期の「時期」と言うのがある。

しかも田んぼ一枚一枚そのタイミングがちょっとずつ違う。

その時に、今だ!!って時に、何が何でも除草機をヤンヤン押すと言うのが、何より大事なんです。

その頃はもちろん稲も弱い。
除草機で埋まったり、無くなったりする稲もある。

田植えの直しである「補植」(田植え機でうまく植わらなかった場所や植えられてない場所を手で植える)も同じ時期に被ってくる。

それをすべて断ちきって、とにかく除草機を押す。

これまでは、それをやりながら除草機を押していたのです。

気になってしょうがないからなんですよね。

それを見てしまったら、ついつい除草をやめて、捕食したり、土に埋まった稲を助けてしまったり。

が、これだと、初期除草の大事なタイミングを逃してしまう。

今回は、それを本当にこころを鬼にしてと言ったら大げさですが、ホント断ち切って、除草機押してたんですよね。

それが今、功を奏している。

やっぱり決断ですね。何事も。

そして、今になって田んぼを見ると・・・・・

OMG!!!

これはいくらなんでも稲が無くなりすぎだろ!って場所がちらほら(笑)

というわけで、今は僕が除草担当で、こまちゃん(かみさん)が植え直し担当になってます(笑)

これにて、来年の愉しみもまた見つかったわけです。

画像はそれを愉しむコマちゃん。

いい感じでしょ♪

皆様、何事も決断しないと始まらない!!の素敵な一日を!

【Fan土 earth JAPANメンバーになって応援する!】
http://shop.fando-earth.com/?p=444
☆★中川吉右衛門愛の作物販売☆★
http://kichiemon14th.net/fan/?cat=6
【中川吉右衛門天然農法フリーメルマガ登録】
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UbrnbGA
【中川吉右衛門YOUTUBE動画配信♪】
https://www.youtube.com/channel/UCenyXO0rD6jprae5NjWG15w
【Fan土 earth JAPAN農と食を盛大に繁盛させる仲間募集!】
http://fando-earth.com/?page_id=1639