11196229_760718744047508_8610442291677966608_n

【農作業の極意】

全国のフレンドの皆さま、超こんばんは!
農内変換・愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。

今年の天候は、荒れる!と僕はみています。

皆様の地域ではいかがですか?

こうした天気や季候の感覚を養うことも、百姓のスキルだと思います。

風や気温、空気のにおい、周りの草花の様子、花の咲き方、山の様子、山の雪解けの様子。
川の水温、地下水の水温。

それらすべてが、「今ここ」のデータです。

それらを観察し、感じ、そして考える。

それが農作業の段取りに繋がっていく。

種をいつ下ろすか。

田畑をいつ起こすか。

全てに関わってきます。

そして、それを感じながらも、思い通りに行かない事が沢山ある。

機会が壊れるとか、部品が足りないとか、そして、いきなりその異変が身体に来ることもある。

つい先日、僕も、数年ぶりに1日寝込みました!!

ナンダッテ―――――!!!!

上下からデトックス!!(笑)

1日半、何も食べずに出すだけ出して、丸一日寝ていました。

いや~、記憶にないぐらい久しぶりに寝込みまして、熱が出て、汗かきまくって、すっかり元気になりました♪

春ですね~~。

溜まりに溜まったものを出してくれました。

僕の生命エネルギーに感謝しかありませんね!

吉右衛門ありがとう!!

というわけで、ハウス作業の遅れから、基本農作業が押しているところに、この排毒がきて、ちょっと焦りもありますが、こういうときほど焦ってもろくな事になりません。

そんな慌ただしい春の農作業を潤滑に進める極意があるのです。

それを今日はお伝えしようかと思います。

それは・・・・

「愛する人と農作業を愉しむ!」

これに尽きます。

もっとも愛する人と、愛すべき農を一緒にやれることを、最高の喜びとし、最高の愉しみにする。

そこに「ありがとう」しかないんです。

有る事が難しいで、「有難い」

夫婦で農作業が当たり前じゃないんです。

そんな状況がどれだけ有難いことか。

その「ありがとう」を、愛するカミサンにどうやって返して行こうかと、ワクワクしながら男は農作業するんです。

そうするとね、力が湧いてくるんですよ。

いつの間にか作業も終わっているんです。

難なくスムーズに終わっている。

トラブルがあっても、腹たたない。

だから、農作業の極意は、やっぱり男と女。
この2人で一緒に農を積極的に愉しむ事にあると僕は言い切ります。

片一方だけじゃダメなんです。

今の農家はほとんどが、男だけでやっている。

でもね、農作業の段取りが良くて、そつなく、上手に農作物作っている農家ってのは、僕が見てきた中で、みーーんな夫婦二人で一緒に仲良くやっている。

それが、慣行栽培だろうがなんだろうが、見ていて微笑ましいんです。

あぁ、いいな~~。って思うんです。

そこに、農の魅力が詰まっているんじゃないかと僕は思う。

農法や栽培法や経営や、そこにこだわるより先にあるもの。

それが農の魅力です。

農は命を育む。
男と女も命を育む。

だから、農は男女があってこそ魅力が増すのだと僕は思います。

ぜひ愛する人と積極的に農を本気で愉しんでください。

それが、農作業というか、農の極意だと僕は言い切ります。

皆様、農の本当の魅力は栽培法なんかじゃない!の素敵な連休を!!

※画像は、育苗の土を苗箱に詰める、こま&吉右衛門!

【Fan土 earth JAPANメンバーになって応援する!】
http://shop.fando-earth.com/?p=444
☆★中川吉右衛門愛の作物販売☆★
http://kichiemon14th.net/fan/?cat=6
【中川吉右衛門天然農法フリーメルマガ登録】
http://klvn7.com/fr/kic1/raT795
【Fan土 earth JAPAN農と食を盛大に繁盛させる仲間募集!】
http://fando-earth.com/?page_id=1639