天然農法講座その7

始めたいと思います!

最後までお付き合いください!

==============

 

《日本列島の人間の生き様》

【チャンスは年一回!】

 

ハル・ナツ・アキ・フユの四季が

生活のバックボーンにあり、

たんぼと儲けとを暮らしに取り込んで行くんでしたよね!

 

しかし、食べ物を作るということについて、

どの作物をみても、1年に一回しかチャンスはない。

 

いつでもできるというわけじゃない。

 

だから、いつ種をまいて、いつ収穫するか。

 

それを決めるのに一番大事なのは、

勿論種まきの時期です。

 

これは、生活の中では気がつかないんです。

気付いた時には手遅れになっている。

 

あ!しまった!春に茄子の種撒き忘れた!

とか、秋に人参撒き忘れた!

って事になる。

 

だから、それを気付く為には、

ひと月という月を区切って

日を計算していかなきゃならない。

 

【ひと月はなぜ30日か?】

 

ひと月を計算するのに、

ひと月は30日ですと何気なく言っていますが、

このひと月30日というのはどこからくるのか?

 

今の気象学・あるいは天文学の人達が言っているのは、

月の満ち欠けだとか、太陽の位置だとか言っている。

 

しかし、昔の人にそんなに難しい事が

必要だったとは思えません。

 

もっとジャストな、ドンピシャの何かがあったのではないか?

こう考えたわけです。

 

こう思って、藤井氏は出入りしてくれている

若い女性を対象に、

”玄米正食”してますとか、菜食です

とかいう人達に、あることを聞き回ったんです。

 

そのあることとは…

 

 

『生理』です。

 

すみませんが、あなたの生理を教えてくれませんか?

 

と当たったのです。

 

夏にも冬用のコートを持ち歩く様な女性もいました。

 

これは冷房対策なんですね。

そうでもしないと身体の調子が狂ってしまうんです。

 

そんなに体が敏感になっている女性に生理を聞くと、

『私の生理は30日です。一日も狂いません。』

 

と、こう言うんです。

 

ひと月が30日であるという周期を

誰が決めているのかというと、

邪食をしない女性だったのです。

自分の生理の日数、

月経周期で数えているんです。

 

これを12回繰り返せばこれで一年だということです。

 

お月様の満ち欠けは、

これに後付けしたんだと思います。

 

たまたまお月様の満ち欠けとピッタリ合う、

30日型の人がいたわけですね。

 

なぜ私の生理の時に、お月様がこうなるんだろう?

ということです。

 

そこから、お月様を見て判断する

ということになって来たんだと思います。

女性が30日周期を維持するというのは、

並大抵なことではない。

 

ちょっと邪食したら、すぐ28日型に変わってしまう。

 

現代の私達はほとんどそうですよね。

28日の時もあれば、30日の時だってある。

25とか26の時もあるかもしれない。

 

これは私達が今、日本列島に適していない食べものを

食べていることを証明しているんです。

 

日本列島における暦法は、七世紀の初めに、

中国大陸から歴が入って来るまでは、”春耕秋収”

を一年とする自然変化の”自然歴”の国だった。

 

ところが、中国歴が入ってきて社会生活が

中国文明に規制され、改暦は宗教儀礼とからまり、

政治権力と密着して展開してきた。

 

そして現在のグレゴリオ暦は世界の標準歴として

土着の自然性を切り捨てました。

 

そこで、私たちの生理も、肉食しますと、

28日になってくる。

自然のサイクルは変わらないのに、

人間の食生活が変わったのだから

生理現象(周期)は変わるのです。

 

外国の肉食するグループの歴では

28日、あるいは27日というところもある。

 

インドや中国などの一部では黄道を

28か27宿に分けて、恒星月の日数によったものもある。

 

いずれにせよ、自然歴では、一年の日数調整は

農閑期で調整した。

 

英語のディセンバーとは、十番目の月という意味で、

今の11,12というのは無い。

 

1月2月は農閑期でお祭り。

2月は年末となって日数の調整月です。

 

これは日本でも同じで、冬の冬眠期間は

春待ちの休みの時期ですから、

日数のずれはこの休眠期間に調整した。

 

それで、旧暦では春を迎える《立春》と、

正月がかさなっている。

それが2月。

 

2月が終わるごろから、ぼちぼち仕事にかかるわけです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然歴とひと月が30日の関係。

いかがでしたでしょうか?

 

今回はここまで。

 

次回は「姫子・月読み、日知り」のお話です!

 

お楽しみに!!

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!

 

中川吉右衛門

※ご意見をお聞かせ下さい!
皆様のご意見、ご感想、その他なんでも構いません。
ご意見をお聞かせ下さい。
フリーメルマガでは基本的に返信はありませんが、
中川吉右衛門はすべてに目を通しております!

こちらまで⇒info@kichiemon14th.net

 

☆☆皆様の応援で、カッコイイ百姓を増やします!☆☆

★まずはここから応援してください!★


カッコイイ自然栽培百姓を増やす!Fan土earthJAPAN!
▼【Fan土 earth JAPAN 農援組! 募集開始!!】
http://fando-earth.com/

【中川吉右衛門フリーメルマガ登録】
http://klvn7.com/fr/kic1/raT795
※ぜひ読んでみてくださいね♪

【Fan土 earth JAPAN 公式ファンページ】
https://www.facebook.com/fando.earth?ref=hl
※いいねしていただけると、百姓が活性化します!

【十四代中川吉右衛門Youtube始動!】
https://www.youtube.com/channel/UCenyXO0rD6jprae5NjWG15w
※なまなましい動画楽しんでくださいね♪

【吉右衛門愛の作物購入はこちら↓】
http://kichiemon14th.net/